カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「雑記 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嗚呼、ミニ四駆の思ひ出

私も気が付けばミニ四駆をやるようになって20年近くが経過しました。
今更ミニ四駆をここで説明する必要はないかと思いますので
ここでは割愛させて頂きましょう。

私がミニ四駆を最初に触った時代ってのは80年代後半。
この頃、一番流行っていたマシンとなれば
ドラゴン3兄弟でした(まだセイントドラゴン発売前なので、この頃は3兄弟)。
最初に入手したマシンってのがスーパードラゴンだったんですね。
これは従兄弟に貰った物で、とりあえず走る程度の物でした。
しかし、自分で作った物が電池を入れるだけで走るってのは衝撃でした。
次にファイヤードラゴンを入手し、初めて改造なる物をしました。
とは言っても、お約束とも言うべきシャーシの肉抜き改造ですね(w。
当時はピンバイスなんて持ってなかったので
火であぶったドライバーで穴を開けるという
子供がやるには危険なことでした(w。
タイプ1シャーシってのは何もされてないものなんで
今でも改造し放題と言われる代物です。
その後、サンダーショットJrに移行し
サンダードラゴンも作った記憶があります。

そもそも、ドラゴン4兄弟ってのは
当時のコロコロコミックに連載されていた「ラジコンボーイ」に登場するRCを
ミニ四駆にダウンサイズした物だったんですな。

これより間もなく、「ダッシュ四駆郎」がミニ四駆ブームを牽引することになり
エンペラーが爆発的に売れていきます。
今でもエンペラーは持っています(※但しシャーシはタイプ3仕様の再販物)

DSC01639.jpg 

当時の小学生はエンペラーに憧れた物です。
ホイールはスピードホイールにして原作版仕様(もどき)になっています。
このライバル的存在となるのがアバンテJrで
アバンテJrも元々は当時のRCをダウンサイズした物。
更にタイプ2シャーシってのが
モーター縦置き配置は小学生にも凄いと思わせる画期的なものだったんですね。
(※モーター縦置き配置も今では常識となっている)

この頃の定番グレードアップパーツと言えば
黄色いワンウェイホイール、ワイドワンウェイホイール、スタビライザー、
セッティングウェイトだったかな(他にも多数あった)。

この後、自分はスーパーエンペラー、ライジングバード、バンキッシュを使い
正に第1次ミニ四駆ブームの時代を駆け抜けていくことに。
90年代序盤にはミニ四駆をいじることは無くなります。
次にミニ四駆に復帰するのは18歳の冬を待つことになります。

時は流れて98年2月。
自分が福島県を離れ、関東方面に進学する2ヶ月前の出来事。
私はこの頃、既に大学進学を決めており
時間も出来たってこともあり、友人と共に地元のコミケ(のようなイベント)に連れて行かれます。
当時は同人誌やらには興味なかったので
会場の入口近くでやっていたミニ四駆レースを観戦していたんですな。
この頃が正に第2次ミニ四駆ブームだったわけです。
しかし、そこで自分が見たのは衝撃的な物でした・・・。
「見せて貰おうか・・・今のミニ四駆の性能とやらを!!」
ってな感じで、レースを観戦していたわけですが
その時の参加者があまりにセッティングがなってないと思い
「お前ら駄目駄目じゃねぇ~か・・・こうなればオレが本物のミニ四駆の走りってものを教えてやる!!」
と、何とも大人げない考えに辿り着いたんですね(w
今思っても何ともアホな感じですが
こうやって再びミニ四駆の世界に戻ってくることになったんです。

そこで開発された禁断のマシンが下記の写真。

DSC02213.jpg

これが一部では伝説のマシンとなっている「ハリケーンソニックカスタム」ですね。
90年代後半から2000年中盤まで
自分の勝負用マシンとして君臨していくことになります。
流石に第1次ブームの時と違って
シャーシの構造の違いやグレードアップパーツが進化していることを知り
最初はかなり衝撃を受けましたけどね(w。
このマシンで当時のミニ四駆戦士を次々に葬っていきました。
「悪魔のマシン」とも呼ばれたこいつも
2009年5月に最期を迎えることに・・・。

こちらのブログの過去ログにもありますが 
自分たちが主催したミニ四駆大会で見事に大破してしまうんですね。
元々バランスギリギリで作っていたことや
更にはウルトラダッシュモーターを積むことは想定してなかったこともあり
最期は負荷に耐えられなくなったんですよ・・・。
(他にも製作から10年経過していたことも要因)
時代はミニ四駆PROがメイン。
基本性能があまりに違いすぎて
全く手も足も出ない状況ってのも凄まじいよな(w。
自分も試しにミニ四駆PROを買ってみたわけですが
やっぱし性能が違いすぎました。
そりゃ、両軸モーターなんて反則ですよ(w。
駆動ロスなんてのも無いに等しいし
前も後ろもモーターの力がそのまま伝わるんだからな。

そんなわけで、今は旧型マシンで如何にミニ四駆PROに対抗するかを研究しているわけでして・・・。
わかったことはスーパーTZシャーシ、スーパー1シャーシでは勝負にならない!!
スーパーXシャーシでも厳しいかもしれないね・・・。
となれば、オレが一度も触ったことがないVSシャーシで挑むしかないのか!?
(VSシャーシは作り方次第では結構いけるらしい)

ああ、オレは旧世代のおっさんなんで
絶対ミニ四駆PROで勝負をしようなんて思わないぜ(w
旧マシンで現役マシンに勝つから格好いいんじゃないか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。