スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/700 戦艦扶桑

DSC05894.jpg DSC05897.jpg DSC05895.jpg DSC05904.jpg DSC05902.jpg DSC05900.jpg DSC05911.jpg DSC05908.jpg DSC05905.jpg DSC05918.jpg DSC05914.jpg DSC05912.jpg DSC05922.jpg DSC05920.jpg

ニコ生で完成させた2隻目の戦艦。
昔の扶桑はパーツの合いは悪いわ
モールドは中途半端だわで大変でしたが
今回の扶桑はアオシマ文化教材社の本気が見られる内容です。
ほとんどのパーツはアンダーゲート方式になっているので
最低限のパーツ磨きで綺麗になるわ
モールドやパーツの合いの精度は
田○模型が作ったんじゃないかと思えるほどのもの。
今回も特に改造はしていません。
それでも恐ろしいまでのパーツ精度だけどな・・・。
まずは塗装レシピは下記の通り。


本体・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・軍艦色(2)
甲板・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・タン
煙突頂上部、マスト上部・・・・・・・つや消し黒
艦底・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・艦底色
飛行甲板・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ウッドブラウン

ボート関係
白・・・・・・・・・・・・・・・・・・つや消しホワイト
本体・・・・・・・・・・・・・・・・軍艦色(2)

※仕上げは全て水性つや消しスプレー
※スミ入れはエナメル塗料各色


注意すべきは第3砲塔の取り付け。
自分が買ったのは初回ロット分でしたが
第3砲塔の取り付け位置が説明書の記載が間違っていたので
ここは注意が必要です(扶桑の第3砲塔は前向きです)。
また第3砲塔と艦橋の取り付けバランスが難しいので
何度か仮組みして調整する必要があります。
また形状的なものかもしれませんが
砲塔を回すときにマストに手が掛かりやすいので
折れないように細心の注意が必要となります。

この辺が残念というか注意すべきことですが
それを除けばウォーターラインシリーズ屈指の出来の良さ。


完成は2009年3月。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。