スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGUC Gアーマー

hguc_g-a_01.jpg hguc_g-a_02.jpg hguc_g-a_03.jpg

hguc_g-a_04.jpg hguc_g-a_05.jpg hguc_g-a_06.jpg hguc_g-a_07.jpg hguc_g-a_08.jpg hguc_g-a_09.jpg hguc_g-a_10.jpg hguc_g-a_11.jpg hguc_g-a_12.jpg hguc_g-a_13.jpg hguc_g-a_14.jpg hguc_g-a_15.jpg hguc_g-a_16.jpg

HGUCの記念すべき50個目のキット「HGUC Gアーマー」の登場であります。
区切りの50作目と言うことだけあっ て、なかなか凄いキットではあります。
ただギミックが多すぎて、塗装をしてしまうとガチャガチャ遊べないのが玉に瑕です。
キットの出来は文句なしで、流石 はHGUCと言ったところです。
ただこのキットは塗装して仕上げるよりも
パチ組みして遊んだ方が面白いと思います。

基本的に最低限の後ハメ工作を除けば改造らしいことはしておりません。
特にGファイターの方はキャノン砲以外継ぎ目消しが必要ないという優れもの。
ガンダム本体も胴体を除いて、通常のHGUCと全く同じです。
塗装レシピは以下の通り。


-ガンダム本体-
白・・・ガンダムホワイト5
青・・・インディブルー
赤・・・キャラクターレッド+蛍光レッド
黄・・・キャラクターイエロー+蛍光イエロー
関節等・・・ベースグレーの上にホワイトパール

-Gファイター-
青・・・コバルトブルー
黄・・・キャラクターイエロー+蛍光イエロー
赤・・・キャラクターレッド+蛍光レッド
キャノン砲・・・ニュートラルグレー
内部色等・・・ベースグレーの上にホワイトパール
台座・・・シルバー+つや消しブラック
※仕上げはそれぞれにつや消しスプレー(水性)


以上のような感じです。
改造はビームライフルのスコープを「Hアイズ」に変更したくらいでしょうか?
只でさえギミックの多いキットなので
作る方によっては大苦戦を強いられます(全塗装の場合)。

完成日時:2004年11月
(※現在は所持しているのは2体目)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。