スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGUC V作戦セット

DSC04845.jpg DSC04852.jpg DSC04854.jpg DSC04856.jpg DSC04859.jpg DSC04862.jpg DSC04864.jpg DSC04870.jpg DSC04872.jpg DSC04873.jpg DSC04875.jpg DSC04878.jpg DSC04880.jpg DSC04881.jpg DSC04885.jpg DSC04887.jpg DSC04889.jpg DSC04892.jpg DSC04895.jpg DSC04901.jpg

ずっと前から研究所の棚に積まれていたので、今回は製作してみました。
発売当時にもガンタンク、ガンキャノンは作ったことがあったので
大学時代以来の製作になりますね。
流石に当時と作風は変わってきましたね(w。
当時はそんなにパールとかも使っていなかったので
ちょっと だけ重量感が出たかなと思います(※大門調べw)。

作っていて思ったことは
3体とも金型が痛み始めたのではってことですかね?
特にガンキャノンの胴体が一番酷かったように思えます。
元祖HGUCキット だけあって
10年選手だから仕方がないのかと思いますが・・・。
HGガンダムも10年で絶版になったことを考えると
HGUCのキットも古い物から絶版になったり
バージョンアップされていくのでしょうか?

なお、今回は特別に改造などはしていませんが、
ガンダムはパーツが余っていたので(※普通は余りませんw)、
ラストシューティングも再現できるように、
専用の胴体を製作しています。
バズーカもう一本は最終決戦仕様、シールドは何となく(ぉぃ。
ガンダムとガンキャノンのライフルにはHアイズを貼り付けています。
塗装レシピは下記の通り。

白・・・・・・・・・・・・クールホワイト
赤・・・・・・・・・・・・キャラクターレッド
黄・・・・・・・・・・・・RML04イエロー
青・・・・・・・・・・・・キャラクターブルー
武器、関節・・・・・ベースグレーの上にホワイトパール


もうガンダムを作ることはあるまい(w。
G3カラーとかは使うこともあるかもしれんが(爆死。


完成日時は2008年12月。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。