スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノンスケール ダイゼンガー

DSC04362.jpg DSC04366.jpg DSC04369.jpg DSC04371.jpg DSC04374.jpg DSC04377.jpg DSC04381.jpg DSC04385.jpg DSC04389.jpg DSC04397.jpg DSC04403.jpg DSC04408.jpg DSC04411.jpg DSC04422.jpg

我が研究所初のコトブキヤ製のキット、
そしてスパロボ系キットの登場です。
周りから「さっさとダイゼンガーを作れ」と言われ続けていたので、仕方なく制作。
実際作ってみた感想としては、
自分が過去にパチ組みで制作してきたどのスパロボ系キットの中でも
現時点では一番組みやすいキットじゃないでしょう か?
ここみたく塗装して仕上げるのであれば、
ここまで楽なキットもガンプラでも探すのは難しいかもしれません。
と言うのも、後ハメ加工がほとんど必要ない です。
強いていればかかとの部分くらいか?
継ぎ目消しさえやってしまえば
良い意味でどうにでもなるキットです。
塗装レシピより。


●本体(薄いグレー)・・・・・・明灰白色
●本体(濃い青)・・・・・・・・ネービーブルー
●金・・・・・・・・・・・・・・・・・・ファントムグレーの上にスーパーゴールド
●関節など・・・・・・・・・・・・・ファントムグレー
●黄色・・・・・・・・・・・・・・・・RLM04イエロー
●腕、足の一部・・・・・・・・・青竹色
●赤・・・・・・・・・・・・・・・・・・フレッシュの上にキャラクターレッド
●斬艦刀・・・・・・・・・・・・・・スーパーチタン
※表面は半ツヤにてクリアコート
※スミ入れはエナメル塗料各色

 
何よりも斬艦刀を持っても、バランスが取れるってのは凄まじいです。
ちなみに足に錘などは一切入れておりません。
弱点と言えば、腰と胴体を繋ぐボールジョイントがちょっと弱めなので、
ここを関節技とかに置き換えれば問題なし。
あとは作る人の好みの問題です。

細かいところを言えばキリがないけど
ガンプラに近いか部分的には越えているキットです。
まだ作ってないと言う人には、冗談抜きにお勧め致します。


完成日時は2008年11月。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。