スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGUC サザビー(鋳造表現仕様)

DSC07893.jpg DSC07895.jpg DSC07897.jpg DSC07899.jpg DSC07901.jpg DSC07903.jpg DSC07906.jpg DSC07907.jpg DSC07910.jpg DSC07912.jpg DSC07914.jpg DSC07916.jpg DSC07920.jpg DSC07922.jpg DSC07924.jpg DSC07927.jpg DSC07930.jpg DSC07931.jpg DSC07934.jpg DSC07935.jpg DSC07939.jpg DSC07941.jpg DSC07943.jpg DSC07945.jpg

急に何を血迷ったのか
「プラモ作ろう」のヤマザキ軍曹の作ったサザビーをコピーしてみた物になります。
いきなり「オレの技術でどこまでプロモデラーに迫れるのか!?」
という何とも無謀な企画だったわけです(w。
やってみて思ったけど、やっぱしプロモデラーの技術はいざ自分で再現してみると
なかなか簡単にいかないってもんです。
100%コピーはまず無理なので
どこまで近付けるかが今回の御題。
カラーレシピは下記の通り。

赤・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・スーパーアイアンの上にクリアーレッド
黒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ガンダムブラック3
関節・・・・・・・・・・・・・・・・・・・スーパーアイアン
金色・・・・・・・・・・・・・・・・・・・スーパーゴールド
ライフル・・・・・・・・・・・・・・・・・ガンダムブラック3の上にホワイトパール+クリアーブルー
※仕上げはラッカーつや消しをエアブラシでコート
※細かい場所はエナメル塗料

何より苦戦したのがプラ板の貼り付け作業。
エバグリのプラ板を1ミリくらいの大きさにひたすら切って
それを貼り付けていくという何とも目が痛くなるような作業の連続。
鋳造表現はタミヤのラッカーパテをラッカー溶剤で薄めた物を
ひたすら叩き付けてデコボコを表現。
各種リベットはWAVEの「オーボルト」を使用。
言ってしまえば地味な作業の連続。
気が付けば1年前に作ったサザビーとは全く違うのものの誕生です。
やっぱしプロモデラーってのは凄まじい技量だわな。
ヤマザキ軍曹はどのくらいの期間で作ったのかは知りませんが
オレは2週間は余裕で掛かりましたよ・・・。
こっちではガイアカラーが思うように入手できないのと
クレオスが使い慣れているってのもあるので
いつも通りの作業でやりましたけどね(w。
出来てみれば、似て異なる物が出来たとさ・・・。
とりあえず、オレの本気(限界)は今だとこの辺になるんでしょうな・・・。
まだまだ修行が足りぬorz

完成日時は2009年11月


コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。