スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【勝手に検証】ニコニコ生放送内でプラモデル系生放送は視聴者にどう見られているのか?

いつも御視聴ありがとうございます。
大門です。
今回はいつもと違った真面目な内容でお届けしたいと思います。
2009年10月8日の深夜に
当コミュニティの機能を使い
プラモデル系生放送は視聴者の方にどのような見方、
選び方をされているのかを検証致しました。
今回はその結果をご報告したいと考え
このような形を取らせて頂きました。
2009年11月1日の深夜放送でもご説明しましたが
その際は画面がよく見えなかったとのことで
改めて私がまとめた報告書を可能な限り原本の内容で掲載致します。
あくまで内容としては生主としての視点から書いている物ですので
視聴者の方から見れば「???」と思う内容があるかもしれません。
そのため、参考程度に見て頂ければと思います。
ちょっと長い内容になりますが
その点だけはご了承下さい。

また内容ですが、私の昔取った杵柄を元に書いてありますので
ちと小難しいこと言っているように感じるかもしれません。
(※大学時代に社会統計学とかを専門にやっていたもので・・・)
本来だったら人数ををしっかり絞った上でやらないといけないのですが
ニコニコ生放送の性質上、現時点では不可能に近いので
あくまで参考値にしかならないと言うことを付け加えておきます。


------------------------------------

サンプル概要
コミュニティ:大門のプラモ工廠(co12249)
算出方法:ニコニコ生放送のアンケート機能を使用
統計日時:2009年10月8日(木)
放送時間帯:午前1時28分放送開始 午前1時58分終了(コミュ限放送)
最終入場者数:51人 総コメント数:154
報告者製作:大門

 当報告書は模型生放送に関するアンケートを一般視聴者の意見を元にまとめたものである。本来であれば正確な統計を取るために、常に定数で行わなければならないが、「ニコニコ生放送」という環境下で行った物であるため、正確性には欠けるためあくまで参考値であることを念頭に置いて見て頂きたい。 




質問1,あなたはモデラーですか?(プラモデルは作っていますか?)
091103_01.jpg 
 上記の内容より85%がモデラーであり、プラモデルを作っていると言うことがわかる。やはり同じ趣味を持っている人を探している傾向が読みとれる。過去の生放送のログからも確認できるが、周囲に仲間がいないため情報交換のために見ていると言う人も決して少なくはない。正に「類は友を呼ぶ」と言ったところか。
 残り15%の方は、単純に見ていたら面白かった、もしくは「今はやってないが以前はやっていた「これからやってみようかと思う」と言う理由も多い。




Q2,模型生放送はいくつ見ていますか?
091103_02.jpg 

 この場合は「1~5個」が約8割を占める。現在はニコニコ生放送の枠数が1500枠となっているため、登録コミュニティが同時に生放送を始めてしまうことも決して少なくはない。2009年6月頃までと違って、多重窓も2窓制限になっているため、以前に比べて同時視聴する機会も減ってきている。そのため、視聴者は本当に気に入った放送しか見ない傾向が強くなっているとも読みとれる。実際に「いくつかのコミュに入っては居るが定住の場所は2カ所(見るところは決まっている)」という具体的な意見もあった。また、友達に会うような感覚で見に来ている人もいることも、過去の放送履歴からも読みとれるコメントが多々存在している。
 更に放送を見ている理由としては、生放送主のプラモデル製作技術よりも、放送そのものの内容を重視していると読みとれる意見もあった。具体的にあったコメントは下記の通りである。

・生主の年齢が近い人のところに入っている
・トークが面白いかどうか
・生主の技量も重要だけど、トークが面白いと見続ける
・技術を盗むため(雑誌では見ることが出来ない動きを知ることが出来るから)
・他の生放送主に勧められたから
・質問に答えてくれるかどうか
・生主の人柄
・最初は模型タグで見て、常連になるかは内容次第
・手元の作業が見やすい人基準

 ニコニコ生放送の特性上、トーク(生放送主の話題)などを重要視しているという結果が返ってきた。事実、生放送主のモデラーとしての技量と言うより、放送中の話題が面白いかどうかの方が人気を左右することが多いかもしれないとも読みとれる。
「生放送主の年齢が近い人のところに入っている」と言うのは、自分の話題に反応してくれる確率が高くなると言うことで、同年代の仲間意識を求めている視聴者も存在しているのではないかと考えられる。
 「技術を盗むため」というのは、雑誌でどうすれば作ることが出来るかというのを知っているが、具体的にどのように手を動かすことで出来るかがわからないため、動画で見ることで、より具体的に理解を得て自分も実践してみたいという人である。この場合、過去ログを見ても「近くに教えてくれる人がいない」「雑誌では読みとれない課程を確認したい」と言うコメントが意外に多い。
 模型生放送の入口として「模型タグ」は重要であることもわかる。その放送の常連になるかどうかは、放送の内容次第で判別するとはあるが、ピンポイントで調べるのにコミュニティのタグは活躍していることは事実である。やはり最終的には放送主の人柄、話し方で常連になるかどうかは左右されると言えよう。
 またごく少数派ではあるが、手元の作業状況が見えやすいかどうかと言う意見もある。実際のところ、技術を盗むために見ているという人も多いため、手元の動きを観察しているという点では、生放送主もこの点に注意しなければならないと言うことを、改めて認識する結果となった。
 この時のアンケートでは「他の生放送主から勧められてくるようになった」と言う意見もあり、生放送主の横のつながりも影響していることが挙げられる。生放送主で仲良くすることで、お互いの放送を生放送内で紹介しあうことも、生放送を盛り上げる一つの方法として機能している点も見逃せない。実際のところ、自分が見ている放送主が勧めているわけだから、物は試しではないが見てみようと言うことで、最低一度は見てみようと思う心理が働くのであろう。

 結論としては、ニコニコ生放送での模型生放送に求められるのは、生放送主のモデラーとしての実力も大事ではあるが、エンターテイメント性も要求されるという、生放送主から見れば何ともシビアな結果である。




Q3,あなたが作る模型ジャンルは?
091103_03.jpg 

 ガンプラなどのキャラクター物が8割近くを占めている。スケール物はゼロではないものの、ごく少数となっている。それよりもフィギュアを製作しているという人が思った以上に多かった。ニコニコ生放送の性質上、元々キャラクター物が好きな人が集まっているから至極当然の結果といえるのだろうか?
 かと言って、スケール物の需要が無いのかと言えば、それは「No」である。特に現時点では戦車を作っている生放送主がいない状態に近いため、戦車を作るところを見てみたいと言う意見もある。特に自分の場合は、数少ない「艦船物」をやっているため、最近では「兵器」と「萌え」を組み合わせる作品も増えてきていることから、兵器に興味を持つ人が増えてきているのも事実である(具体的なアイマス等)。人によっては軟派な理由と思うかもしれないが、そこは入口の一つとして考えてみるのも良いかもしれない。
 中には「ニコニコ生放送でウォーターラインと言えば大門」と言う意見も以前に寄せられたことがある。視聴者に「○○なら□□だ!!」のように、一つのイメージを植え付けることで、視聴者数を地道に獲得し広めていくのも方法ではないだろうか?継続は力ではないが、定期的に続けることでイメージを植え付けることで窓口を広げていくのである。そう言う意味では、生放送主にも柔軟な思考と忍耐力を求められているのかもしれない。



Q4,あなたの製作レベルは?(大門基準)
091103_04.jpg 

 これは極端ではあったが、敢えてこの質問をぶつけてみた。個人的には「1」に少しでもいてくれればと思ったが、結果としては0%。互角にやれると言うことでは「13,6%」と言う結果になった。3と4が全体の80%を占めている。
 この結果から言えることは、自分よりレベルが上だと思われる放送を見ることで、技術を「盗む」「学ぶ」ということにも直結していると言える。実際問題、コメントでは「自分と同レベルなら見なくても良い」と言う返答も来ている。やはり基本はQ2でもあった「技術を盗む」と言うことに行き着く。




Q5,実は嫌いな模型生主がいる
091103_05.jpg 

 これは正直意外な結果である。40%近くの人が「いる」と答えている。流石に名前は出さなかったが(オレが出させなかった?)、視聴者自身が自分にあう放送を探している、または生主の人柄なども見ていると言える結果である。具体的に上がった意見は下記の通り。

・生理的に嫌いなやつはいる
・いくつかのコミュに入っては居るが定住の場所は2カ所(見るところは決まっている)
・見ていて落ち着くところ、いやすい放送主はいる
・作るのが遅いと嫌いになる
・言葉使いで嫌いになることがある
・質問コメしたら暴言吐かれたのでコミュ脱会したことがある

 「生理的に嫌い」というのは、放送している側も見ている側も人間なので好き嫌いがあるのは仕方のない理由かもしれない。これはニコニコ生放送等のネット上だけではなく、実際の社会を生きていく上でも避けて通ることの出来ないことである。
 「定住の場所は2カ所」と言うのは、見ていて落ち着く放送があると言う意見にも繋がってくる。この辺は、視聴者はしっかりと生放送主の人柄を見ていると言える。放送枠数も増え、視聴者が見る放送を選んできているとも捉えることが出来るのではないだろうか?多重窓も2窓までとなっている現在、迷ってどれを選ぶかと言う意見も過去にあったため、あながちこの考えも的外れはないと受け取ることは出来る。
 「作るのが遅いと嫌いになる」は、放送主もそうであるが、視聴者もどこまで進んだか気になるからであると言える。また早く完成状態を眺めてみたいと言うのもあるだろう。中には作るのが面倒なキットもあるので、この辺のバランスは生放送主としても頭が痛いところであると言える。
 「質問コメしたら暴言吐かれたのでコミュ脱会したことがある」という意見もあった。先の質問にもあったが、やはり視聴者は雑誌では読みとれない内容を、動画で見ることで学ぼうとしている傾向がある。どのような質問であったかはわからないが、生放送主は真摯に答える義務はあるのではないだろうか?中には視聴者数を増やして目立ちたいと言う人もいるだろう(これは模型生放送主に限らず)。見る人もやる人も人間同士、最後は「人対人」なので、お互いマナーは守る必要はある。特にニコニコ生放送とはいえ、インターネットの世界である以上は公共の場である。言葉使いで嫌になるという人もいるので、大人な対応が求められる。繰り返しになるが、視聴者は放送主の人柄を見ているのである。



Q6,あなたの年齢層は?
091103_06.jpg 

 予想通り、20代が半分を占めている。30代とあわせれば80%ほどになるので、現在のニコニコ生放送の視聴者層は20~30代の人たちに支えられていると言える。生放送主もこの年代が多いため、自分たちと同世代の放送、同じ趣味を持った人たちの放送を見るというのも納得できる。




総括

 視聴者が模型生放送を見る場合に注目しているのは、技術よりも人柄であると言う結果が返ってきたのが正直な驚きである。それまでは自分も含めて「レベルの高いことをやろう」と思っていたが、ニコニコ生放送という環境で求められるのは「エンターテイメント性」で、視聴者を如何に「楽しませるか?」「しっかりと受け答えするのか?」が重要視されているという現実である。
 また放送主は視聴者のレベルが低いとかを考えるのではなく「如何に視聴者に物事を伝えるか?」によって、視聴者を導く役割でもあると認識した方が良いかもしれない。従来のような文字や画像のみのやりとりではなく、「動画」を使っているので、伝える手段としては十二分に利用出来ると言うことも忘れてはならない。結局のところは画面越しとは言え、人と人のやりとりである。相手が見えない状況で文字のみにて対応する必要性があるので、コメントの意味を読みとる能力も生放送主に求められているのと捉えても良いのかもしれない。
 やはり視聴者は見るところはしっかり見ていると言うこと(最終的には、生放送主次第・・・ってことにもなるが)。何はともあれ、基本は「生放送主のやりたいことを自由にやって、楽しさを伝えること」「視聴者と一緒に楽しむこと」という結論しか出ないんとも言える。


------------------------------------

と、こんな結果です。
そのうち改めて内容を変えてやってみようかなとは思っています。
結構生主の意識と視聴者の意識の差ってあるんですね(w。
おそらくこれは、プラモデル系生放送に限らず
他のジャンルの生放送にも言えることなんじゃないでしょうか?
何とも、やる方も見る方もいろいろギャップがあるものですね・・・

そして最後に思った。
オレも報告書の作り方が昔より下手くそになっていたという事実orz
(そりゃ最近じゃ仕事でも滅多に使わないからなw)


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。