スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアブラシセットは何が一番お得なのか?

いつもニコ生の御視聴ありがとうございます。
大門です。
今回もニコ生放送中にあった疑問にお答え致します。

私はエアブラシ二刀流の使い手と言うことで
ニコ生模型生主の間では有名になりつつありますが(?)
ここでどんなものを使っているのが具体的にご説明致しましょう。



Mr.リニアコンプレッサーL5/レギュレーターセット PS300 



まずコンプレッサーはこちらです。
機種は「クレオス L5リニアコンプレッサー/レギュレーターセット」になります。
私は10年前に購入した際、既にエアブラシ本体だけはあったので
こちらを購入したんですね。
こちらは本体とレギュレーター(水抜き)がセットになっている物です。
もう10年間フル稼働に近い状態になっていますが
故障したことは一度もありません。
まず機種に迷ったらこれを間違いはありません。
普通にプラモデルを作る上では出力に困ったことはありませんし
一生物と言っても良いかもしれません。
よく聞かれるんですが、エア缶の方とどっちが良いですかってことですが
1本1000円のエア缶を30本買うのと、3万円くらいでコンプレッサーを買うのでは
私の場合だと、どっちが良いのかを考えてくださいと言うことが多いです。
勿論、エア缶には限りがあります。
しかし、コンプレッサーは電源さえ入っていれば
壊れない限り永久に使えるんですね。
そう言う意味では、コンプレッサーは本気で模型製作に打ち込みたいので有れば
1つ持っていて損はないってことです。
レギュレーター部分からエアブラシに接続するわけですが
1つのレギュレーターでエアブラシ2本までは接続できるので安心です。
なお、レギュレーターが無くても直接エアブラシ本体に接続は出来ますが
無いとエアブラシから直接水が吹き出てくることもあるので
私としては絶対に必要な物だと思っています(別売りもあるので壊れても安心)。
一番皆さんが気にされるのは「動作音」です。
これに関しては実際にアパート暮らし時代にも使っていて
苦情が一件も来たことがないので問題はありません。
但し、下にちょっと厚めの週刊誌とか置いておけば更に安心です。
(私はカーセ○サーを置いてますがw)


エアーブラシシステム No.27 スプレーワークHGエアーブラシII 

次に登場するのはエアブラシ。
私は田宮の「HGスプレーワーク(ダブルアクション)」を使用しています。
しかし如何せん、私のは絶版になっているので
写真にあるのは「HGスプレーワーク2」になっています。
(性能的には大差はありません)
口径も0,3ミリなので、通常の塗装から細かいグラデーションまで何でも来いです。
基本的にボタンを押すと空気が出て、ボタンを後ろに引くと塗料が出る仕組みです。
このタイプはカップの取り外しも出来るので
メンテナンスもしやすいのが特徴です。
掃除に関しては定期的にやった方が間違いないです。
普通は色を交換するときに洗浄しますが
一旦全ての塗装が終わったら、全部分解して洗うことをお勧めします。
意外といざってときに汚れがたまって・・・ってことにもなります。


プロコンBOY SQ

サブで使っているのはこちら。
これは私が買ったのではなく友人から貰った物ですね。
機種名は「プロコンBOY SQ」です。
シングルなので、細かい塗装には向かないですが
普通に塗装する分には困りません。
分解時のメンテナンスも結構容易です。
私の場合はサブ扱いなのでクリアーを吹くときに使うことが多いですが
慣れてくると普通の塗装にも使えます。
但し、グラデーションとかは辛いかも・・・?
むしろ、これを普通の塗装に使えるオレが変態だというのは有名。


まぁ、これが自分の基本装備ですが
他にお勧めあるのかと聞かれれば下記の通り。
今回は説明が大変なので以下省略。
お店によっては試しで起動させてくれることもあるので
そこで確認をしてみるのも良いかもしれません。

Mr.リニアコンプレッサーL5/エアブラシ・レギュレーターセット
Mr.リニアコンプレッサーL5/プラチナブラシ・圧力計付レギュレーターセット
Mr.リニアコンプレッサーL5/LWAトリガーブラシ・圧力計付レギュレーターセット
 

 








コメント

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。