スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筆塗りでどこまで行けるのか?

いつも生放送の御視聴ありがとうございます。
大門です。
少し前の放送で「大門の得意技の精密塗装を見せてくれ」との
ご意見がありましたので
こちらでご紹介しましょう。

どちらも製作したのは今から2~3年ほど前の物になります。

090630_01.jpg

こちらは「MGエールストライクガンダム」を製作した際に塗装した
ムウ・ラ・フラガ少佐になります。

詳細はこちら

本来はキラ・ヤマトに塗るのが定番ですが
既にフリーダムガンダムが完成していたこともあり
並べて飾る場合は、フラガ少佐の方が良いだろうってことで
このパターンでやってみたんですね。
これだけでは大きさは伝わらないので
実際に比較したのが下記の写真。


090630_02.jpg

定番のタバコで比較(w。
これくらいの大きさです。
このフィギュアは大体1,5センチくらいなんですが
一番細い面相筆(田宮の0番)だけで塗装しています。
現在はエールストライクガンダムの中に収まっていますが
クリアランスの確保に失敗したため
コクピットが開けられません(w。
なので、この写真はある意味貴重な物になります。

塗装方法としては、持ちやすい大きさのクリップに挟んで
ひたすら丁寧に塗っていくしかありません。
当然失敗するわけですけど
トライ&エラーの繰り返しで
自分が納得するまでやっていくのが一番かと。
あとは、隠蔽力でどっちの色が強いのかを考えるのも重要です。
そのため、色の弱い方が塗っていくと失敗は少ないです。


090630_03.jpg 

実際に生放送中に塗装したのと同じ物がこれ。
ウォーターラインを買うと、必ず付いてくる零式水上観測機です。
これは1円玉と同じサイズですが、パーツ数にして3つです。
この場合、まず形を作っていくことが最初の作業です。
接着剤が乾燥してから、塗り分けていくんですが
持ち手は爪楊枝くらいしか使えません。
このキット(?)を作ったことがある型なら御存知かと思いますが
実は、下に小さい穴が開いているんです。
爪楊枝の先っぽに薄くした両面テープを貼り付け
それを刺すことによって持ち手を作るんです。
この場合であれば、最初に黄色を塗ってから緑を塗り、
背面の明灰白色を塗って、最後にキャノピーの青竹色を塗れば終わりです。

こうやって言うと簡単そうだけど
実際は集中力がいるってのが現実。
これは一番細い平筆と面相筆(0番)があれば、何とかなります。
やっぱり、最後は気合と集中力が物を言うのかも・・・。
皆さんも一度試してみると良いですよ。
出来ると「オレすげ~」って感動できます(w


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。