スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノンスケール ダイゼンガー

スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION DGG-XAM1 ダイゼンガー (ノンスケールプラスチックキット)

商品名:ノンスケール ダイゼンガー
値段:3360円(税込・定価)
難易度:★★
大門の評価:★★★★

ダイゼンガー初のキット化商品である。
普通に組んだだけでも、ゲーム中に登場する
ダイゼンガーの姿を再現できるというのは
コトブキヤの底力を感じることが出来るキットと言える。
特に組み立てる上で難しいところは存在しないが
至る所、尖っている部分が多いので
手に刺してしまうことも多々あるので
注意は必要である。

パーツ分割、色分けはほぼ完璧に近く
このサイズで出来ているというのは凄まじい。
後ハメ加工はほぼ必要がないと言って良い。
最初から塗装するモデラーのことも考えられているのか
パーツ分割が後ハメ加工をしなくても
塗装さえ終わってしまえば、あとは組み立てるだけになる。
強いて言えば、斬艦刀のグリップ部分だけは
細かい塗装が必要になるが、それ以外は問題はない。

気になるのは斬艦刀の保持力である。
肩に担ぐポーズは問題なく取れる上
足の開き方さえ決まれば
バランスも良くなるので問題はない。
但し、肘の関節は緩くなることが多いので
可能な限り、肩に担ぐポーズを取らせた方が良いだろう。

弱点としては、腰と胴体を繋ぐジョイントが弱いこと。
完成後も簡単に取れてしまうことがあるので
ここだけは注意が必要になる。
腕に自信があれば、市販品のジョイントパーツを移植することをお勧めする。

個人的には大型キットよりも
こちらのキットの方が形の上では
ダイゼンガーらしいと言える。

自分が製作したのは下記のアドレスより。

http://daimon747.blog73.fc2.com/blog-category-6.html


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。