スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そもそも、パーツってどう切ればいいのよ?

プラモデルを作る上では
絶対に避けて通ることの出来ないのが「パーツの切り離し」。
今回はそれを改めてご説明しましょう。

ニコ生でも、何度か実践してみましたが
今回は改めて写真付きにてやってみましょう。

090624_01.jpg 

箱を開けて、パーツを袋から出すと
大体はこんな感じになっています。
太いところを「ランナー」、そのランナーとパーツの間にある
細い部分を「ゲート」って呼ぶんですね。
あ~、これは試験に出るからメモしておくようにな(どんな試験だw)。
これから切り離すことが、プラモデルの基本中の基本になるわけです。


090624_02.jpg

よくあるのが、写真のようにギリギリでパーツを切ろうとすること。
これはNGなんですね。
何でかっていうと、意外とパーツをえぐっていたり
傷が入ったりするので、完成後の処理が大変だったりもするんです。
なので、なるべくこの切り方は辞めた方がいいんです。


090624_03.jpg

で、こちらが正しい切り方。
なるべく余裕を持った状態で切るのがベスト。
最初は面倒と思うかもしれませんが
慣れてくると高速で出来るようになります。
(オレは数年かかったがw)
この方が最終的な仕上がりが格段に違いますし
パーツに傷が付くことも少なくなるんですね。


 090624_05.jpg

切るとこんな感じになります。
ここから綺麗に切っていくんですね。


090624_06.jpg

ここから初めてギリギリに切るわけです。
こうすることで、パーツに負荷をかけることなく
初めて綺麗に切ることが出来るんですね。

090624_07.jpg

で、これが綺麗に切った図。
切り口が白くなっていたりすることもあるけれど
その際は、紙ヤスリとかで綺麗に磨けばOK。
ただパーツを切るだけでなく
ちゃんと順番を踏んでやることで
地味ではあるけれど、綺麗に出来るんですな。
慣れてくると、結構高速で出来るようになるので、練習あるのみ!!
次に機会があれば、ヤスリがけの基本でもご紹介しましょうかね。

しっかし、今日は久々に真面目なことを書いたような気がする・・・。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。