スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/100 デスティニーガンダム

DSC02152.jpg DSC02162.jpg DSC02163.jpg DSC02169.jpg DSC02173.jpg DSC02176.jpg DSC02190.jpg DSC02192.jpg

DSC02193.jpg DSC02198.jpg DSC02201.jpg
大門がまともに組み上げた「SEED DESTINY」初のキットであります。
今回は若干の改造も施してあります。
改造箇所は以下の通り。

 ◆肩アーマーを独立化(肩の付け根をプラ板で塞ぐ)
◆台座の突起を切断し「関節技」に移植
※中にアルテコを詰めて固定(腰アーマー内にもポリキャップを内蔵)
◆ライフルの後部の突起を切断し平らに加工
※ライフルを通常通り持てるようにするため
◆足を中心にモールドを彫り込む
(パーツを別物に見えるように)


そして塗装レシピは以下の通り。

白・・・ガンダムホワイト9
青・・・キャラクターブルー
赤・・・キャラクターレッド
黄・・・RLM04イエロー
薄い青・・・スカイブルー
緑・・・デイトナグリーン
背中などの黒・・・ミッドナイトブルー
関節など・・・ベースグレーの上にホワイトパール
バーニア・・・シルバー
※仕上げはつや消しスプレー(水性)


塗装のイメージとしては
デスティニーガンダムは個人的にダークな印象が強いので暗めにしてあります。
ソードである「アロンダイト」、高エネルギー長距 離ビーム砲のジョイントパーツは
MGフリーダムガンダムのように後ハメ加工不可能と判断、マスキングで対応しています。
意外に後ハメ加工が難しいキットなので
とにかくマスキングをやっていくしかありませんでした。
そのため、こいつも作業の流れを作りにくいキット。
特に最近のMG、HGUCのキットを作り慣れている自分には厳しいものでした。
でもまあ、同スケールのストライクフリーダムを作ることに比べれば・・・(爆。


完成日時:2005年12

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。