カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ウォーターライン 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/700 戦艦陸奥

DSC07786.jpg DSC07788.jpg DSC07799.jpg DSC07801.jpg DSC07802.jpg DSC07788.jpg DSC07797.jpg DSC07795.jpg DSC07793.jpg DSC07790.jpg DSC07806.jpg DSC07811.jpg DSC07813.jpg


ニコ生で完成させた3隻目の戦艦。
戦艦長門と同型艦なので
構造はほぼ同じ。
「ほぼ」と言うのは艦橋周辺の形が微妙に違うこと。
既に長門を作っていたこともあり
かなりサクサク進みましたね。
塗装レシピは下記の通り。


本体・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・軍艦色(2)
甲板・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・タン
煙突頂上部、マスト上部・・・・・・・つや消し黒
艦底・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・艦底色
飛行甲板・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ウッドブラウン

ボート関係
白・・・・・・・・・・・・・・・・・・つや消しホワイト
本体・・・・・・・・・・・・・・・・軍艦色(2)

※仕上げは全て水性つや消しスプレー
※スミ入れはエナメル塗料各色

相変わらず塗装レシピに芸がありませんな(w。
個人的思ったけど
甲板の突起物を塗っていて
思っていた以上に早くできたので
慣れってのは恐ろしいと思う今日この頃なのでした・・・。

完成日時は2009年10月




スポンサーサイト

1/700 戦艦扶桑

DSC05894.jpg DSC05897.jpg DSC05895.jpg DSC05904.jpg DSC05902.jpg DSC05900.jpg DSC05911.jpg DSC05908.jpg DSC05905.jpg DSC05918.jpg DSC05914.jpg DSC05912.jpg DSC05922.jpg DSC05920.jpg

ニコ生で完成させた2隻目の戦艦。
昔の扶桑はパーツの合いは悪いわ
モールドは中途半端だわで大変でしたが
今回の扶桑はアオシマ文化教材社の本気が見られる内容です。
ほとんどのパーツはアンダーゲート方式になっているので
最低限のパーツ磨きで綺麗になるわ
モールドやパーツの合いの精度は
田○模型が作ったんじゃないかと思えるほどのもの。
今回も特に改造はしていません。
それでも恐ろしいまでのパーツ精度だけどな・・・。
まずは塗装レシピは下記の通り。


本体・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・軍艦色(2)
甲板・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・タン
煙突頂上部、マスト上部・・・・・・・つや消し黒
艦底・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・艦底色
飛行甲板・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ウッドブラウン

ボート関係
白・・・・・・・・・・・・・・・・・・つや消しホワイト
本体・・・・・・・・・・・・・・・・軍艦色(2)

※仕上げは全て水性つや消しスプレー
※スミ入れはエナメル塗料各色


注意すべきは第3砲塔の取り付け。
自分が買ったのは初回ロット分でしたが
第3砲塔の取り付け位置が説明書の記載が間違っていたので
ここは注意が必要です(扶桑の第3砲塔は前向きです)。
また第3砲塔と艦橋の取り付けバランスが難しいので
何度か仮組みして調整する必要があります。
また形状的なものかもしれませんが
砲塔を回すときにマストに手が掛かりやすいので
折れないように細心の注意が必要となります。

この辺が残念というか注意すべきことですが
それを除けばウォーターラインシリーズ屈指の出来の良さ。


完成は2009年3月。

1/700 戦艦長門

DSC05532.jpg DSC05534.jpg DSC05536.jpg DSC05537.jpg DSC05540.jpg DSC05542.jpg DSC05545.jpg DSC05553.jpg DSC05557.jpg DSC05560.jpg

2年ぶりに製作したウォーターラインになります。
丁度部屋の中に長門が眠っていたこと、
ちょいと久々に作ってみようかと思ってやってみたんですね。
流石に少し古めのキットであるためか
艦首部分の甲板のパーツが
なかなか綺麗にハマってくれないのが苦戦した要因になります。
結果的にはアルテコとラッカーパテを無理矢理詰め込んだわけですが(w。
必要なのかどうかわからんけど塗装レシピは下記の通り。


長門本体

本体・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・軍艦色(2)
甲板・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・タン
煙突頂上部、マスト上部・・・・・・・つや消し黒
艦底・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・艦底色
飛行甲板・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ウッドブラウン

水上観測機
本体上部・・・・・・・・・・・・濃緑色
本体下部・・・・・・・・・・・・明灰白色(三菱色)
キャノピー・・・・・・・・・・・・青竹色

ボート関係
白・・・・・・・・・・・・・・・・・・つや消しホワイト
本体・・・・・・・・・・・・・・・・軍艦色(2)

※仕上げは全て水性つや消しスプレー
※スミ入れはエナメル塗料各色


相変わらず塗装レシピに芸がありません(爆)。
しかも仕上がってから気が付いたのは
思っていた以上に荒く仕上がっていたこと。
やっぱし焦って作るのって良くないわな。
更に最後のオチとしてはマストが曲がっているという大惨事。
ヒーターの前で強制乾燥をしたら
熱で曲がってしまったんだな(T-T)。
次に陸奥を作るときには綺麗に仕上げよう・・・本当にorz

完成日時は2009年2月。

1/700 戦艦霧島

DSC01888.jpg DSC02549.jpg DSC02552.jpg DSC02554.jpg DSC02555.jpg DSC02558.jpg DSC02560.jpg DSC02563.jpg DSC02566.jpg DSC02572.jpg

ついに金剛型戦艦シリーズ最後の1隻の登場です。
これも全部そろうのに5ヶ月かかりましたな(w。
やっぱしウォーターラインは同型艦を並べてナンボっすよ!!
では塗装レシピ。

霧島本体

本体・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・軍艦色(2)
甲板・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・タン
煙突頂上部、マスト上部・・・・・・・つや消し黒
艦底・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・艦底色
飛行甲板・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ウッドブラウン

水上観測機
本体上部・・・・・・・・・・・・濃緑色
本体下部・・・・・・・・・・・・明灰白色(三菱色)
キャノピー・・・・・・・・・・・・青竹色

ボート関係
白・・・・・・・・・・・・・・・・・・つや消しホワイト
本体・・・・・・・・・・・・・・・・軍艦色(2)

※仕上げは全て水性つや消しスプレー
※スミ入れはエナメル塗料各色


結局のところ金剛型戦艦全て同じ色で塗装していた罠(w。
本当なら海軍工廠カラーセットを買ってくるべきだったんだろうけど、
地元じゃ在庫量とか厳しい から、
入手しやすいものでやるしか無かったんだよね(この辺が地方モデラーのつらいところ)。
もし武蔵とか作ることがあれば大和とは違う色にしたいよな。
ってか武蔵は完成当初のものを買ってくるはずなんで、
前に作った大和とは明らかに色が違ってないとあかんのだが(w。


完成日時は2007年7月。

1/700 戦艦榛名

DSC02519.jpg DSC02521.jpg DSC02523.jpg DSC02524.jpg DSC02526.jpg DSC02529.jpg DSC02532.jpg DSC02535.jpg DSC02538.jpg DSC02541.jpg

今回登場するのは金剛型戦艦の三番艦「榛名」であります。
ほとんど金剛と同じです。
違うところは主砲の形が角形から丸形に なっていること、
煙突の形が違います。
それでもキット自体は他の金剛型戦艦と
ほとんどにたような作りなんですけどね(金剛が一番形が近い)。
では塗装レシ ピ。

榛名本体

本体・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・軍艦色(2)
甲板・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・タン
煙突頂上部、マスト上部・・・・・・・つや消し黒
艦底・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・艦底色
飛行甲板・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ウッドブラウン

水上観測機
本体上部・・・・・・・・・・・・濃緑色
本体下部・・・・・・・・・・・・明灰白色(三菱色)
キャノピー・・・・・・・・・・・・青竹色

ボート関係
白・・・・・・・・・・・・・・・・・・つや消しホワイト
本体・・・・・・・・・・・・・・・・軍艦色(2)

※仕上げは全て水性つや消しスプレー
※スミ入れはエナメル塗料各色


勿論ここまで来ると金剛と全く同じ塗料を使っております(ぉぃ。
しかも連続で作っている物だから、
途中から説明書を見ないで作っているんだから
慣れってのは恐ろしいよな(w。

完成日時は2007年7月。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。