カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「キットレビュー(スパロボ系キット) 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/144 R-1

スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION R-1 1/44


商品名:1/144 R-1
値段:3150円(税込・定価)
難易度:★★★
大門の評価:★★★

「新スーパーロボット大戦」「スーパーロボット大戦α」「スーパーロボット大戦α外伝」等
90年代後半から2000年序盤に発売されていた
スーパーロボット大戦シリーズに登場していた機体のキット化。

流石に合体機能は無いが、見事にR-1の姿を再現している。
変形は差し替えではあるが、ほぼイメージ通りの内容と言って良い。
色分けもほぼ完璧で、組み立てるだけで
ゲーム中のポーズをガシガシ取ることが可能。
専用のスタンドも付属してくるので
PT状態、飛行形態共に浮遊状態で展示が出来る。
武器はブーステッドライフル、Gリボルバー×2、コールドメタルナイフ×2が付属。

と、ここまで良いことずくめのように感じられるが
実はGリボルバーを腰に装着すると外れやすかったり
手に持たせようとすると、意外にしっかり持てなかったりと
不安定な部分が多々存在する。
更に、完成後もパーツがポロポロ取れてしまったりと
金型の調整が甘かったのか接着が必要とな部分もある。

そのため、しっかり組むのであれば
接着剤の使用をお勧めする。
プロポーションの出来が良いだけに
この部分は残念である。
それでも手軽に入手が出来るR-1となれば
このキットなので、欲しい方は上記の内容に注意して組み立てて欲しい。

スポンサーサイト

ノンスケール SRX

スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION SRX ノンスケールプラスチックキット


商品名:ノンスケール SRX
値段:3360円(税込・定価)
難易度:★★★
大門の評価:★★★★

「新スーパーロボット大戦」「スーパーヒーロー作戦」
「スーパーロボット大戦α」「スーパーロボット大戦OG」等に登場する
バンプレスト系オリジナルロボの初プラモデル化商品。

流石に合体機能は備えていないが
形としては間違いなくSRXと言える物である。
関節の可動範囲もそこそこ広く
ゲーム中のポーズは大体取れると言える。
但し、天上天下(以下略)だけは両手持ちが出来ない。

色分けはほぼ完璧に近いのだが
流石に細かい場所の塗装は増えてくる。
また膝の青いパーツの後ハメ加工に
苦戦を強いられる可能性が高い。
完成後、膝のパーツも抜けやすいので
若干固めに調整をする必要もある。

個人的にはゴーグルに目のパーツを入れて欲しかったが
流石に大人の事情で入れることが出来なかったのか?
気にあるのであれば、Hアイズ辺りでも入れてみると良いかもしれない。

ノンスケール ダイゼンガー

スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION DGG-XAM1 ダイゼンガー (ノンスケールプラスチックキット)

商品名:ノンスケール ダイゼンガー
値段:3360円(税込・定価)
難易度:★★
大門の評価:★★★★

ダイゼンガー初のキット化商品である。
普通に組んだだけでも、ゲーム中に登場する
ダイゼンガーの姿を再現できるというのは
コトブキヤの底力を感じることが出来るキットと言える。
特に組み立てる上で難しいところは存在しないが
至る所、尖っている部分が多いので
手に刺してしまうことも多々あるので
注意は必要である。

パーツ分割、色分けはほぼ完璧に近く
このサイズで出来ているというのは凄まじい。
後ハメ加工はほぼ必要がないと言って良い。
最初から塗装するモデラーのことも考えられているのか
パーツ分割が後ハメ加工をしなくても
塗装さえ終わってしまえば、あとは組み立てるだけになる。
強いて言えば、斬艦刀のグリップ部分だけは
細かい塗装が必要になるが、それ以外は問題はない。

気になるのは斬艦刀の保持力である。
肩に担ぐポーズは問題なく取れる上
足の開き方さえ決まれば
バランスも良くなるので問題はない。
但し、肘の関節は緩くなることが多いので
可能な限り、肩に担ぐポーズを取らせた方が良いだろう。

弱点としては、腰と胴体を繋ぐジョイントが弱いこと。
完成後も簡単に取れてしまうことがあるので
ここだけは注意が必要になる。
腕に自信があれば、市販品のジョイントパーツを移植することをお勧めする。

個人的には大型キットよりも
こちらのキットの方が形の上では
ダイゼンガーらしいと言える。

自分が製作したのは下記のアドレスより。

http://daimon747.blog73.fc2.com/blog-category-6.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。