カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「キットレビュー(ガンプラ系全般) 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HG ダブルオーライザー(粒子貯蔵タンク型)

HG 1/144 GN-0000+GNR-010 ダブルオーライザー (GNコンデンサータイプ) (機動戦士ガンダム00)

商品名:1/144 HGダブルオーライザー(粒子貯蔵タンク型)
値段:2100円(税込・定価)
難易度:★★
大門の評価:★★★★★

おそらくHG系のダブルオーライザーとしては最後のキットになるであろう商品。
パッケージは劇場版にあわせた内容になっている。
キットの中身は、従来のダブルオーライザーのキットに
そのまま粒子貯蔵タンク用のパーツが追加されている。
そのため、そのまま通常のダブルオーライザーとして組むことも可能ではあるが
オーライザーのキャノピー部分が従来のオレンジ系のクリアーパーツでなく
ホワイト系のクリアーパーツになっている。
(なので、完全な通常のダブルオーライザーにすることは出来ない)
値段が変わらず追加パーツが入っているという意味では
ちょいとお買い得感はあるかもしれないが
TV版のダブルオーライザーは(色的に)再現できないので
そこだけは注意は必要。
どちらかといえば、コレクターズアイテム的な立ち位置なのか?
あとは劇場版を再現したい人向けのアイテム。
スポンサーサイト

HG ダブルオークアンタ

HG 1/144 GNT-0000 ダブルオークアンタ (機動戦士ガンダム00)


商品名:HG ダブルオークアンタ
値段:1680円(税込・定価)
難易度:★★
大門の評価:★★★★

「機動戦士ガンダム00 劇場版」に登場する主役MS。
よく見るとダブルオーガンダムとの共通しているデザインも見て取れる。
肝心のキットの出来だが、ダブルオーガンダムの流れを組んでいるだけあって
プロポーションなどは素晴らしい。
ファングも脱着出来る上に、GNソードVに合体させることも可能である。
(但し、専用のソードに組み替える必要はある)
可動範囲もこのシリーズにふさわしく、かなり関節も広く動かすことが出来る。
残念なのは、設定画にあるような
GNソードVをレイピアのように持たせることが出来ないことである。
また背中やシールド内のGNドライブにクリアーパーツがないことも惜しい。
(これは自分でパーツを見つけて買ってくるしかない)
この辺を除けば優秀なキットであると断言出来る。

HG ダブルオーガンダムセブンソード/G

HG 1/144 ダブルオーガンダムセブンソード/G ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~

 



商品名:1/144 HGダブルオーガンダム セブンソード/G
値段:1680円(税込・定価)
難易度:★★
大門の評価:★★★★

「機動戦士ガンダム00V戦記」に登場するMS。
以前からプラキット化が望まれていたキットであったが
GNソードIIブラスター付属で発売された物である。
キット内容だが、ダブルオーガンダム単品時の本体がそのまま入っており
それに各種専用武器が付属している内容となっている。
そのため、作ろうと思えば普通のダブルオーガンダムを作ることも出来る。

武器はかなり凝った作りになっており
様々な遊び方が出来ると言って良い。
特に武器のクリアーパーツ部分は
ダブルオーライザー+GNソードIIIにも採用されていた
クリアーグリーンの整形パーツが採用されている。
GNソードIIショートはリード線も付属しているので
射出状態を再現することも可能。
専用デカールもコンデンサー部分に
文字が浮かび上がっているタイプとなっている。
(デザイナーズカラー、GNソード3付のと同じタイプ)

但し、欠点がないわけではない。
大型の武器(特にGNソードIIブラスター、GNバスターソードII)は
持っている内に手首の保持力が弱くなってきてしまい
格好良く飾りたいのであれば
手首の補強はしておいた方が良い。
また腰にあるGNソードを差し込んで携帯状態を再現する場合だが
これまで多くのダブルオーガンダムを出していたがために
金型が劣化してきているのかどうか不明だが
以前に比べて穴が緩くなってきているようにも感じられる。
しっかり差し込んで携帯状態を再現するのであれば
この辺の対応も必要になってくるだろう。

全体的な出来は良く
番組放送開始当初に発表されていた
セブンソード状態も再現が出来るので
ダブルオーガンダムの全形態を再現するのであれば
このキットと、GNソードIII付きのキットを買ってくれば全て事足りる。
(※但しザンライザーだけは入手困難なので某オークションや中古屋巡りをする必要はある)

HG セラフィムガンダム

HG セラフィムガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~

 



商品名:1/144 HGセラフィムガンダム
値段:1050円(税込・定価)
難易度:★★★
大門の評価:★★★

「機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン」に登場したガンダム。
ってか、セラヴィーガンダムの本体そのもの。
作ってみるとわかるが、とにかく小さい。
セラヴィーガンダムの背中に付いているわけだから
当然と言えば当然なのか・・・?
キットの出来は良いのだが
胴体にある黄色いアンテナが取れやすいのが
かなり気になる(と言うより、普通では組めない可能性ありと多数の報告あり)。
金型の段階でミスをしたのかどうか知らないが
何度やっても外れてしまうのである。
ここは瞬間接着剤で軸を太らせてやらないと
取り付けすら難しい。
なので、購入時はこの部分に注意して欲しい。
(評価が低めになっている最大の理由はここである)
これは是非ともメーカーさんには改善して欲しいところ。

変形自体は普通に出来るので
既に発売されているセラヴィーガンダムに合体させることは簡単である。
変形もよく考えられていると言えよう。
但し致命的な欠点が存在しているキットとも言える。
何かというと、変形させるとわかるのだが
背中のキャノンが自由に動かすことが出来ないのである。
これは腕の軸構造の関係で
自由自在にキャノン砲を向けることが出来ない。
なので、キャノン砲に表情を付けたい場合は
セラヴィーガンダムに付属している
変形しないダミーのセラフィムガンダムを使うことを強くお勧めする。

セラヴィーガンダムのキャノン砲の先端と互換性があるため
初登場時にガラッゾを倒した腕のみのキャノンモードを再現できる。
(※当然、セラヴィーガンダムの足のキャノン砲にも互換性があると言うこと)
なので1/100では穴が開いたままだったが
HG版では組み替えをすることで
セラフィムガンダムを合体させた状態でも
キャノン砲の形は維持出来るのである。
そのため、後期OPであった阿修羅モードを再現するのも可能と
セラヴィーガンダムを遊び倒すのであれば欠かせないキットであると言えよう。
但し、これを再現するにはこのキットがもう一つ必要になる上に
それでもビームサーベルがあと2本足りない。
こうなればダブルオーガンダムかアリオスガンダムから流用するのがベストな選択かも・・・。
(※価格から言えばダブルオーガンダムだが、刃が付属してないのでアリオスを選択か?)
更にセラヴィーガンダムGNHW/Bに付けることを考えれば
最初から2体買ってきた方が無難。
安いとは言え、複数購入しないといけないわけなので
これはメーカーの罠なのかもしれない・・・。

余談だが、塗装をする場合は
膝関節が完全な挟み込み式なので
マスキングが必須となるので注意して頂きたい。

HG セラヴィーガンダムGNHW/B

HG 1/144 セラヴィーガンダムGNHW/B ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~

 


商品名:1/144 HGセラヴィーガンダムGNHW/B
値段:1890円(税込・定価)
難易度:★★
大門の評価:★★★★

「機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン」の最終決戦に登場した
セラヴィーガンダムの最終形態。
基本的に中身は既に発売されたセラヴィーガンダムに
GNフィールド発生器、武装関係が追加された物である。

一番肝心なことはこのキットを買ってくれば
換装式に出来るのかと質問されると微妙なところである。
と言うのも、背中のキャノンに差し込む増加オプション接続パーツは
もし継ぎ目も消して作るとなると
この時点で外せなくなってしまう構造になっている。
足にはフィールド発生器を付けるために
従来の足パーツの間に接続用のパーツを挟み込む形になる。
これ自体は作り方次第で
取り外しは自由に出来るので問題はない。
そのため、換装式にしたい場合は
もう一つセラヴィーガンダムが必要になると思った方が良いだろう。

勿論、既に発売されているセラフィムガンダムと合体させることは可能である。
(このキット自体には背中のユニットパーツは変形しない物が付属してくる)
更にオプションとしてセラフィムガンダム用のライフル、
GNHWを接続するための専用パーツが付属してくるので
セラフィムガンダムのフル装備を楽しむ場合にも必要となるキットである。

塗装時にはGNフィールド発生器の黄色を塗り分ける際に
マスキングが必要になってくる。
細かいので、ここはしっかりとマスキングを施した方が良いだろう。
どうしても面倒だというのであれば
筆塗りで綺麗に仕上げるのも一つの方法かもしれない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。