カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「キットレビュー(ウォーラーライン) 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/700 戦艦扶桑

1/700 ウォーターラインシリーズ No.121 戦艦 扶桑 1944

商品名:1/700 戦艦扶桑1944
値段:各2730円(税込・定価)
難易度:★★★★
大門の評価:★★★★★

アオシマ文化教材社より発売されたリニューアル版戦艦扶桑。
過去に発売されていた物とは比べ物にならないほどの進化を遂げている。
パーツはほぼ全般的にアンダーゲート方式を採用し
ゲート処理に関してはこれまでのウォーターラインシリーズとは一線を画している。
パーツの精度、合いも田宮模型のキットに追随出来るレベルになっているのが特徴。

艦橋のアンバランスさが特徴の扶桑だが
このアンバランスさをプラモデルで再現しているというのは凄い。
またアンダーゲート方式を採用しているため
しっかりゲート処理をしないと
艦橋も綺麗に組むことは出来ないので
この辺の処理はしっかりとやっておきたい。

主砲が6基あるのが特徴の扶桑だが
第3砲塔の取り付けには少しコツがいる。
少しでも接着位置を間違えると
完成後にしっかり旋回してくれないので
慎重に組むことをお勧めする。
自分が購入した扶桑は発売直後の初回版だが
説明書で第3砲塔の取り付け方向が間違っていた(現在修正されているのは不明)。
扶桑の第3主砲の向きは前向き。
後ろ向きになるのは山城なので
資料とかでしっかりチェックしておく必要がある。
この点のみが残念である。

また各主砲を旋回させるときは
マストを折らないように
自分の手をどのように動かすかをしっかり考えてやらないと
完成後に何度も修復することになるので
この点は注意が必要である。

こちらのキットは戦艦を初めて作るという方にも
是非作ってもらいたいキットである。

まだ旧版の扶桑が販売されていることもあり
間違えて購入する人も多いらしいが
キット名に「1944」と書いてあるのが今回のリニューアル版。
旧版の扶桑は背景が夕方(もしくは日の出?)になっているので
夜戦のパッケージを選べば間違いはない。

自分が製作した扶桑は下記のアドレスより。
http://daimon747.blog73.fc2.com/blog-entry-75.html
スポンサーサイト

1/700 戦艦大和・武蔵

1/700 ウォーターライン新シリーズ 大和1/700 ウォーターライン新シリーズ 武蔵
 
商品名:1/700 戦艦大和・戦艦武蔵
値段:各2650円(税込・定価)
難易度:★★★★
大門の評価:★★★★
1998年に田宮模型から発売された戦艦大和・武蔵。
当時はウォーターラインシリーズとしては決定版とされていた名キット。
大和は沖縄特攻時の最終型、武蔵は完成直後の状態で発売されている。
田宮模型が開発しただけあって
モールドやパーツ構成は申し分なく、流石は田宮と言える物である。
ここまでは良いことずくめのように思えるが
近年発見された沖縄特攻直前の大和の航空写真を見る限り
細部が異なったりしている部分も出てきたため
それを再現するには細かい改修が必要となる。

どちらもパーツ構成はほぼ同じだが
中央構造物の台になるパーツの形が違う。
よって武蔵を最終型にするためには、大和を買ってくる必要があったり
逆に大和就航直後を製作するのであれば武蔵が必要となる。
また大和を作る際には
ハリネズミのような対空機銃を多数接着することになるので
根気よくパーツを無くさないように細心の注意が必要となる。
自分が製作したのは下記のアドレスより。

http://daimon747.blog73.fc2.com/blog-entry-16.html

1/700 戦艦長門・戦艦陸奥

1/700 ウォーターラインシリーズ 戦艦 長門1/700 ウォーターラインシリーズ 戦艦 陸奥
 

商品名:1/700 戦艦長門・戦艦陸奥
値段:各2520円(税込・定価)
難易度:★★★★
大門の評価:★★★
少し前にリニューアルされた戦艦長門・陸奥だが
全体的にモールドがもっさりした印象がある。
しかし、それでも艦橋などの建造物の形はしっかりしている。
このキット最大の難点は艦首部分のパーツの合いが悪いこと。
過去に組んだときも隙間が広く、パテなどのようなマテリアルがないと
綺麗に組み上げることはまず不可能と思って良い。
考えようによっては作る人を選ぶキットと言えるかもしれない。
また主砲の砲塔の合いも良いとは決して言えないので
組む際には慎重に進める必要がある。
完成させることが出来れば長門らしい姿を現すので
腕試しとして挑戦してみるのも良い。
自分が製作したのは下記のアドレスより。

http://daimon747.blog73.fc2.com/blog-entry-43.html

1/700 戦艦金剛・比叡・榛名・霧島

1/700 ウォーターラインシリーズ 金剛 (戦艦) #1091/700 日本海軍高速戦艦 比叡 #110
 
1/700 日本海軍高速戦艦 霧島 #112

商品名:1/700 戦艦金剛・戦艦比叡・戦艦榛名・戦艦霧島
値段:各2625円(税込・定価)
難易度:★★★★
大門の評価:★★★★
ウォーターラインの戦艦シリーズとしてはオーソドックスな構成となっている。
基本的に船体は全く同じで
穴を開ける場所や艦橋、武装の配置が違うだけで
ほとんど同じ内容と思って良い。
現在発売されているウォーターラインシリーズの戦艦系では
古い部類になってしまうが、
それでもまだまだ水準は高い方になる。
初めて戦艦を組んでみようと思っているのであれば
是非手にとって欲しいキットである。
なお、戦艦比叡だけは艦橋のパーツが他と全く違う。
また、金剛と比叡の主砲は角形だが
榛名と霧島は丸形になっているのが特徴である。
自分が製作した物は下記の通り。

http://daimon747.blog73.fc2.com/blog-entry-20.html
http://daimon747.blog73.fc2.com/blog-entry-21.html
http://daimon747.blog73.fc2.com/blog-entry-24.html
http://daimon747.blog73.fc2.com/blog-entry-25.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。