カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「キットレビュー(MG) 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MG νガンダムVer.ka




商品名:MG νガンダムVer.ka
値段:7560円(税込・定価)
難易度:★★★★★
大門の評価:★★★★

νガンダムのVer.ka版キット。
10数年前のνガンダムとは
全く別物と言ってもいい内容である。
ユニコーンガンダム発表後ということもあり
サイコフレームの解釈が変わっており
全身の至る所に埋め込まれているのが特徴。
更に一部の装甲をパージしたり
装甲展開ギミックもあり
所謂「発動モード」が再現できるのが
このキット最大の売りと言える。

νガンダムの1/100キット伝統とも言えた
足首などにダイキャストのオモリパーツは存在していない。
そのためか、フル装備をすると
普通に自立しないという欠点が存在する。
しかし、ここ数年は台座が標準で付属するため
そちらを使ってくれということなのだろう。

キット本体はパーツ数が凄まじく
塗装をするとなれば
かなりの量を処理しなければならない。
更にデカールの数も凄まじいことになるので
真面目にやれば、数日かかることは必至。

キットの出来は、パーツの色分けも完璧に再現されているので
普通に組んだだけでもパッケージに近い内容にはなるので
ここに関しては心配はない。
合せ目消しに関しては
ライフル程度である。

特に塗装派に注意して欲しいのは
クリアランスがギリギリなので
可動部分や、パーツが展開する部分には
ヤスリがけやらグリスアップをするなどの対処が必要である。

バズーカが伸縮したり
各部が展開するなど
独自の解釈が入っているので
人によっては好みが大きく分かれる
キットであることには違いない。
スポンサーサイト

MG ダブルオーライザー

MG 1/100 GN-0000+GNR-010 ダブルオーライザー (機動戦士ガンダム00)



商品名:MG ダブルオーライザー
値段:6825円(税込・定価)
難易度:★★★★★
大門の評価:★★★★

ダブルオークアンタの後に発売された
TV版セカンドシーズンの主役機。
TV版と劇場版に登場した
それぞれの形態が全て再現できるようにパーツが入っている。

フレームは先に発売されているダブルオークアンタとほぼ同じ内容。
(胴体の一部などが新規になっている)
合体物にありがちな不安定さは無く
合体させても各形態を保持出来る点では評価は高い。
特に両肩のGNドライブを接続しているパーツに
固定用のロック機能が内蔵されているので
合体させてもバインダー展開状態を見事に再現できる。
可動範囲も広く、ダブルオーライザーの決定版とも言える。
最大の難所はとにかくパーツ数が多いこと。
普通にパチパチ組むだけならそうでもないが
塗装まで施すとなると、パーツ磨きに苦労する。
(そのため、ここでの難易度は高めに設定ある)

なお、LEDユニットはキット内には1個しかないが
オーライザーのバインダー、ダブルオー本体の両肩にも
LEDユニットを仕込むことが出来る。
なので、4つ準備出来れば全て発光状態に出来る。
最近では一般流通でもLEDユニットが発売されたので
入手が容易になったのは嬉しいところ。
全体的に出来は良いので
買ってみて損はないだろう。

MG ダブルオークアンタ

MG 1/100 GNT-0000 ダブルオークアンタ (機動戦士ガンダム00)



商品名:MG ダブルオークアンタ
値段:4725円(税込・定価)
難易度:★★★★
大門の評価:★★★★


「劇場版機動戦士ガンダム00」に登場する刹那が搭乗する主役MS。
劇場公開からわずか2ヶ月でMG化したことでも話題になった。
(TV版のダブルオーライザーより早いキット化)
基本的な構造はMG版エクシアに準じるが
フレームは全くの別物である。
エクシア以上の可動範囲で
様々なポーズを再現できる。
GNソードVも設定画にあるレイピア持ちを(ほぼ)再現できる。
この点はHG版に比べて進化している場所。
またバスターソードとバスターライフルへの変形も完全再現できる。
(バスターソードに合体させれば、パーツを外すことなくライフル形態へ移行出来る)
合わせ目の場所もほとんど無いのも素晴らしい。

残念な点を挙げるであれば
GNドライヴ発光用ユニットが付属してないこと。
最近別売りで販売されるようになったが
せめて1セットは欲しかった・・・
また、バスターソードとバスターライフルを再現する際に
どうしても関節の保持力が負けてしまう。
専用台座が付属するが、持たせることに慣れるには苦労する。

MG シャイニングガンダム

MG 1/100 シャイニングガンダム

 


商品名:MG シャイニングガンダム
値段:2940円(税込・定価)
難易度:★★★
大門の評価:★★★

「機動武道伝Gガンダム」の物語前半で活躍する
主役MF(モビルファイター)である。
このキットも専用のフレームパーツを採用しているので
ゴッドガンダムなどと同様で凄まじいまでのアクションポーズを取ることが出来る。

この機体の代名詞とも言うべきシャイニングフィンガーも
専用のクリアーパーツ(クリアグリーン)で再現されており
両手にはめることも可能である。
コアランダーの合体変形も可能だが
最大の目玉はこの機体の見せ場と言うべき
バトルモード、スーパーモードへの変形である。
流石顔のマスク展開は旧キットと同じで
差し替え式になっているが
それ以外は差し替え無しでバーニアの展開、
肩と足のパーツ展開が可能となっている。
ゴッドガンダムも同じであったが
手首と足のパーツの一部にゴム系のパーツが採用されているので
相変わらずここだけは塗装が不可能である。

確かに可動範囲は広く思い通りのポージングが出来るのだが
全般的にパーツが外れやすいように感じられる。
特に胸のパーツは腕組みのために押し込むことが出来るようになっているが
ここが不安定な気がしてならない。
この点が残念であるが
高レベルで安定しているキットなので
気になる人は買ってみるのも良いだろう。

オマケとしてファイティングスーツを着用した
ドモン・カッシュのフィギュアが付属してくる。

MG マスターガンダム

MG 1/100 マスターガンダム

 


商品名:MG マスターガンダム
値段:2940円(税込・定価)
難易度:★★★
大門の評価:★★★

「機動武道伝Gガンダム」に登場する
東方不敗が登場するMF(モビルファイター)。
MGシリーズでは2番目に発売された
Gガンダム系のキットになる。

こちらも専用のフレームを採用しているので
ポージングの幅はかなり広い物となっている。
この機体(ってか東方不敗ご本人)の特徴でもある
独特のポーズも再現できるなど
なかなか通な仕上がりとなっている。

残念なのは背中の羽を閉じている形態を再現するには
旧キットのマスターガンダムを持ってこなければならない。
MGなわけだから、せめてこれは単独で再現して欲しかったというのがファンの心情だろう。
それでも総合的に考えれば高レベルで安定している出来映えで
マスタークロス、ディスタントクラッシャーの再現など
劇中の技を再現できるという点では抜かりはない。

オプションパーツでMGのゴッドガンダムと組み手をするための
専用手首パーツが付属するので
2体並べるのを前提に設計されていることがわかる。
背中の羽の展開を除けば
Gガンダム系キットの中でも最高峰の一つであるとも言える。

オマケとして東方不敗のフィギュアが付属しており
MGゴッドガンダムに付属するドモンと対で並べることが出来る。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。