カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「キットレビュー(HGUC) 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGBF ウイングガンダムフェニーチェリナーシタ



商品名:HGBF ウイングガンダムフェニーチェリナーシタ
値段:1944円(税込・定価)
難易度:★★★
大門の評価:★★★★

『ガンダムビルドファイターズ』に登場するウイングガンダムフェニーチェの改修機で
番組後半で大人げない(?)強さを発揮した機体である。
部分的には前回のフェニーチェと同じ部分もあるが
作ってみると、全く別物である。

以前のフェニーチェとの最大の違いは
変形機構が再現されたことである。
またシールドも装備され、バスターライフルもパワーアップしている。
以前は左右非対称だったのだが
今回はほぼ左右対称の形になっているので
全体的な見た目のバランスも良くなっている。

キット本体だが、作りやすい部類にはなるが
何故か肩の黄色の丸いパーツがシール再現になっている。
ここは別パーツ化して欲しかったところだが
強度の関係で無理だったのかもしれない。
ウイングガンダムの正統進化の一つとしても考えると
これはこれで面白い機体といえる。
合わせ目も頭部とライフルくらいなので
是非塗装して仕上げてみて欲しい。

スポンサーサイト

HGUC ガンキャノン(REVIVE)




商品名:HGUC ガンキャノン(REVIVE)
値段:1296円(税込・定価)
難易度:★★
大門の評価:★★★★

HGUCの記念すべき第1号キットだったガンキャノンが
17年の時を経てリニューアル。
(あれからもう17年なのか・・・!!)

以前のガンキャノンとは構造が全く別物である。
可動範囲の拡大もさることながら
ゴーグル部分もクリアーパーツになっていたり
合わせ目も可能な限り目立たなくなってきている。
(肩や武装には合わせ目がある)

キットの出来は文句なしだが
欠点が無いわけではない。
細かいところではあるが、
肩に付けるミサイルキャノンパーツが付属していない。
以前のガンキャノンにはあっただけに
この部分は好きな人には結構痛い。
賛否両論があるが、細身でスタリッシュになっているため
昔のずんぐりむっくりのガンキャノンが好きな人には
違和感があるかもしれない。

それでもガンプラの進化を感じられるキットなので
機会があれば昔のHGUCと作り比べるのも良いかもしれない。

HGUC グフカスタム


商品名:HGUC グフカスタム
値段:1728円(税込・定価)
難易度:★★
大門の評価:★★★★

「機動戦士ガンダム第08MS小隊」に登場した機体。
過去に発売されたグフカスタムは
HGUC展開の元になったとまで言われる名キットだったが
このキットはそれを上回る出来栄えである。

過去のグフカスタムでは足首の接地性に問題があったが
今回はそれもクリアしており
関節の可動範囲、プロポーションにおいても
ハイレベルな出来と言って問題ない。
コクピット部分のオレンジ部分はクリアーパーツになっている。

特にシールドのガドリングガンは比較的簡単に着脱が出来るなど
確実に進化を見て取れる部分である。
肩などに合せ目消しが必要な部分もあるが
基本的な工作が出来る人あれば
問題なくクリア出来るだろう。

余談だが、ガドリングガンの弾倉ベルト(?)だけは
旧キットと同じパーツを使用している。

HGUC ジョニー・ライデン専用ザク/HGUC MS-06R-1A 黒い三連星ザクII



商品名:HGUC MS-06R-2ジョニー・ライデン専用ザク
値段:1944円(税込・定価)
難易度:★★
大門の評価:★★★★

商品名:MS-06R-1A 黒い三連星ザクII
値段:1728円(税込・定価)
難易度:★★
大門の評価:★★★★

HGUC当初から切望されていた
MSVのキット。
内容がほぼ同じということで
今回はこちらで統一で紹介する。

基本的にどちらも本体は同じだが
部分ごとに差異が存在している。

まず肩アーマーが違い、ジョニー・ライデンの方は
トゲの部分が完全に別パーツとなっており、
肘の部分のパーツの形状はどちらも違うので要注意である。
特徴的な足回り部分にも
ジョニー・ライデンの方にはカバーが付属する。
ジャイアントバズはジョニー・ライデンにのみ付属。
それ以外の武器は、どちらも同じものが付属し
本体は成形色が違うのみで、全く同じ形である。
(もちろんデカールは違う)

キットの方だが、当然ながら出来は良い。
普通にパチパチ組むなら問題はないが、
いざ合わせ目消しを行い、塗装をするとなれば
下腕部と足の部分は高度なマスキング作業か
後ハメ加工が必須となる。

また、どちらのキットも共通パーツが多いとはいえ
ジョニー・ライデンから
黒い三連星のザクを作るといったことは出来ないので
それぞれのキットを購入しないといけない。

HGBF ガンダムトライオン3




商品名:HGBF ガンダムトライオン3
値段:3024円(税込・定価)
難易度:★★★
大門の評価:★★★★

「ガンダムビルドファイターズトライ」の全国大会で登場し
何かと話題に(ネタに?)なった物のキット化。
キットの半分は既に発売された
HGUCのZZガンダムの成型色変更に
追加パーツをセットした内容だが
一部のパーツは2セットになるという珍しい物。
(太腿部分、頭部の一部など)

本編では完全に変形合体していたが
こちらは差し替え合体である(それでも形はしっかりしている)。
ただ如何せん、可動範囲に関しては
あまりよろしくないもので
思ったほどポージングが出来ないので要注意である。
また、シールド部分の三角のモールド(?)は
シールで再現になるため
塗装をしたい人は、あらかじめモールドを彫るなどをした方がいい。
ソラトライオンの羽根は
スタービルドストラクガンダムの羽根を
そのまま使用している。

それでも、あのネタ機体をここまで再現しており
違和感なくまとまっているという点では非常に優秀であるといえる。

問題は通常のZZガンダムを作れるのかということになるが
答えは「不可能」である。
本体とダブルビームライフルまではできるが
背中のバックパックが付属していないので要注意である。
但し、何故かコアファイターだけは
説明書に作り方が掲載されている謎仕様。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。